• ホーム
  • Googleアナリティクスは分析に重要

Googleアナリティクスは分析に重要

パソコンの画面

SEOツールの一つであるGoogleアナリティクスはサイト運営では極めて重要な存在です。
情報量も多くて色々な使い方ができるため、上級者でも愛用している方は珍しくはありません。
Googleアナリティクスはアクセス解析に関して色々な特徴があるので、使いこなし方は要チェックです。

「アクセス解析」ではユーザー数や直帰率、ページの滞在時間などを確認できます。
これらはサイト改善においては極めて重要な指標になるので、できれば毎日でも目を通すのがおすすめです。
まずユーザー数が多いほど良いのは当然ですが、これと同時に離脱率や滞在時間も重要と言えます。
多くの人が見ているページが有っても、短時間しか見られていないとか、直帰率が高いと言うのであれば大問題。
このような情報もアナリティクスで表示されるので、どこがサイト改善のポイントなのかを分析できるわけです。

これらの分析が特に必要なのが「ランディングページ」ですが、成約に至ることを目標に作っているのに、これが離脱ページとなっていたり、滞在時間が極めて短いのは問題があります。
できるだけ見せる工夫、読ませる対策が欠かせません。
また「ランディングページ」への流入が少ない時には、これもGoogleアナリティクスで調査・分析を行うことが可能です。
行動フローを見ればランディングページにたどり着くまでのユーザーの流れを概観できます。
行動フローからアクセスしてきたユーザーが閲覧をやめる離脱ページを絞り込めますので、そこを改良することで問題を解消していくわけです。

アクセス解析をすることでチャネルを分析することも可能です。
これによってユーザーがダイレクトにアクセスしてきたのか、検索エンジンを使ったかなどの情報が判ります。
サイト運用がうまくいっているかの指標の一つとして、チャネルにも目を配る要にしたいものです。

Googleアナリティクスにはメモ機能が備わっているので、アクセスの解析において気づいたことがあったり、今後の方針をおもいついた時には、覚書をしておきましょう。
メモ機能の使い方は簡単で画面上に下向き三角のタブが現れるページであれば、これをクリックすると「新しいメモを作成」という項目が表示されます。

上記のように多彩な情報を分析できるのが魅力です。
まずは分析して改善策を立てて実行し、また分析に戻るようなPDCAサイクルを実現するためのツールとして重宝されています。
PDCAサイクルはSEOにおいて重要ですから、アナリティクスの使いこなしもそれだけ欠かせないと言えるのです。

人気記事一覧