• ホーム
  • Googleサーチコンソールの使いこなし術

Googleサーチコンソールの使いこなし術

パソコンを見ている女性

SEO関連のツールは色々とありますが、Googleの新しいサーチコンソールはぜひ、使いこなせるようになっておきたいものです。
旧来に比べて機能性も洗練されており、多彩なことができるようになっています。
新しいサーチコンソールを使えば自身のサイト分析に役立つことが多いので、現状の把握と今後の指針を考えるために、有用性は高いです。

最初にサーチコンソールで確認しておきたいのは、モバイルユーザビリティと言う項目となります。
現在はスマホなどの小型端末からのアクセスも多くなっているため、モバイル機器で自身のサイトが正常に動作しているかを確かめることは重要です。
モバイルユーザビリティはこの点でサイト閲覧時にエラーが発生した場合に通知をしてくれます。

検索パフォーマンスの機能も有用で、検索エンジンを使ったアクセス数や平均クリック率、掲載順位などが一目でわかるようになっているのは便利です。
どの検索キーワードでの流入が多いのか、クリック率が高いのはどれかを調べることもできるので、検索パフォーマンスは定期的にチェックするのがおすすめです。

サーチコンソールではXMLサイトマップを使用して、クローラーを自身のサイトに呼び込むことが可能です。
クローラーが来ないと検索エンジンに表示されませんので、サイト・ブログを作ったらすぐにでも、XMLサイトマップを登録してクローラーを呼ぶようにしましょう。
サーチコンソールのページにはインデックスという項目の下にサイトマップというメニューがあり、ここから登録できます。

インデックスの項目にはカバレッジというメニューがありますが、これはGoogleにインデックスできないページを示すものです。
何らかのトラブルで登録できないページがあるわけですので、エラーになっていないかチェックしておくようにしましょう。
特に新しく作ったページが検索結果に表示されないときは、カバレッジが要確認です。

セキュリティと手動対策では、リンクというメニューがあります。
このメニューではリンクに関係した情報を集めることが可能です。
どのページにリンクが集中しているのかなどを調べることができます。
リンクを得ることは検索キーワードを選定するのと同様に重要な対策方法です。
手動対策には他に設定メニューがあり、ここからサイト所有権を確認します。
ちなみに検索クエリというフレーズが見当たるかも知れません。
この検索クエリは何なのかというと、簡単に言えば検索キーワードのことだと考えておけば大丈夫です。

人気記事一覧